広島県廿日市市の税理士です。税務調査、法人税、消費税、相続税、相続対策・事業承継、節税対策、保険の活用

相続対策と生命保険の活用

 相続対策と生命保険の活用


  • J爺:生命保険を使えば、相続で便利なこともあるんじゃが、知っとるかのう。
  • K君:家族のために財産を残すことが生命保険の目的ですよね。
  • J爺:それも大切な目的じゃのう。
  • K君:他にも使い方があるんですか?

 生命保険の非課税枠(一人500万円)を活用する

  • J爺:保険金も相続税の計算では財産になるんじゃが、非課税になる額があるんじゃ。
  • K君:税金の対象にならないということですか?
  • J爺:一人500万円の非課税枠があるんじゃ。
  • K君:一人500万円というのはどういうことですか?

  • J爺:主人が亡くなって、奥さんと子ども2人が残ったとしようか。
  • K君:はい。
  • J爺:そのときは、1,500万円までは非課税になる。
  • K君:奥さんと子ども2人で3人なんで、3人×500万円=1,500万円という計算ですか。
  • J爺:うん、わかりがええのう。

  • K君:保険金を奥さんが2,000万円受け取っていたら、そのうち1,500万円までが非課税ですね。
  • J爺:そうじゃ。

  • K君:それなら、奥さんが受け取った保険金が1,000万円だったらどうなりますか。
  • J爺:そのときは1,000万円しか非課税にならんのう。

  • K君:1人が500万円づつ受け取ることになっていた場合はどうですか。
  • J爺:1人500万円じゃけえ、3人で1,500万円になる。非課税の枠も1,500万円じゃから、その場合は全額が非課税ということになるかの。

  • K君:なるほど、この非課税枠を上手に使うといいかもしれませんね。
  • J爺:現金や預金を1,500万円持っていたら、それがそっくり税金の対象になるんじゃが、保険に変えておくと非課税になるということかの。

 500万円の非課税枠は、法定相続人の数×500万円と計算しますので、500万円に乗ずる数は、保険金を受け取った人の数ではありません。

 保険金を受け取った人が法定相続人でない場合(例えば長男の嫁が受取人の場合)には、保険金の非課税枠は使えません。


 納税資金を確保する

  • J爺:次に、税金を払うための資金の問題じゃ。
  • K君:納税資金ですね。

  • J爺:例えば、財産のほとんどが土地や建物だったとしようか。税金を計算したら、それを支払うだけの現金や預金がないこともある。
  • K君:そうですね。
  • J爺:土地を売るか、税金の支払いを待ってもらうかじゃが、土地は簡単には売れんし、税金を待ってもらったら利息を払わにゃあいけん。
  • K君:それは困りますね。

  • J爺:そこでじゃ、あらかじめ保険に加入しておいて、税金はその保険で支払えるようにするんじゃ。
  • K君:なるほで、それはいいですね。
  • J爺:こうすれば、土地や建物は家族がそのまま相続できるということかの。

 70歳前後で5年間の有期終身保険を契約したときは、5年間でほぼ保険金と同額の保険料を支払う必要があります。

  •  2,000万円の生命保険金⇒年400万円程度の保険料
  •  3,000万円の生命保険金⇒年600万円程度の保険料
     
     預金と変わらない??

    いいえ、決定的に違うことがあります!

  •  契約した時から生命保険金が確保されます。
     契約の翌日亡くなっても、保険金は支払われます。
  •  保険金の額は確実に現金が残ります。
     現金で持っていると使ってしまうかもしれませんが、保険契約をすれば、確実に現金を残すことができます。


 争続を防止する(死後の争いを防ぐ)

  • J爺:子どもたちが財産をめぐって争うのを防ぐことができるかもしれんの。
  • K君:それはどんな方法ですか。

  • J爺:子ども2人で、財産が自宅しかなかったとしようか。家を分けるのはむずかしいよの。
  • K君:そうですね。
  • J爺:そんなときは、自宅を相続しない子どもを受取人にした保険をかけるんじゃ。
  • K君:子どもの1人だけを受取人にするんですね。
  • J爺:こういうふうにすりゃあ、財産が自宅と保険の2つになって、争いを起こす可能性が減るんじゃ。


 ほかにもある生命保険の活用

  • K君:保険もいろいろな使い方があるんですね。
  • J爺:まだまだ別の方法もあるらしいけえ、ようよう考えにゃあいけんということよ。
  • K君:そうですね。
  • J爺:とは言っても、ええことばかりじゃあないけえ、その点もようみにゃあいけんで。
  • K君:はい、わかりました。


powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional