広島県廿日市市の税理士です。税務調査、法人税、消費税、相続税、相続対策・事業承継、節税対策、保険の活用

遺族が受け取る年金形式の生命保険金

 遺族が受け取る年金形式の生命保険金


所得税の還付手続きについて(22.09.04)

  • J爺 : 相続税を支払っていない人でも、税金の還付があるかもしれんのじゃがのう。相続税と所得税が二重課税じゃと言うもんじゃから、相続税を支払った人だけが関係あるものと勘違いされてしまう。
  • K君 : 遺族が年金形式で生命保険金を受け取っていた場合の話ですね。私もそう思っていました。相続税を支払った人しか関係はないと。
  • J爺 : 裁判所は相続税と所得税を二重に課税したらいけんと言うたんじゃあなくて、「相続税の対象になったものに所得税を課税したらいけん。」と言うとるんじゃ。相続税の対象になっていても、相続税がかからんことはようけえあるで。
  • K君 : なるほど、ほとんどの人は相続税を支払うほどの財産はないが、相続税の対象になる財産は持っているということですね。
※ 相続税の申告が必要な人は約4%です。
  • J爺 : 遺族が年金形式で生命保険金を受け取ったら、その金額が多かろうが少なかろうが所得税との二重課税になっとる可能性はあるんじゃ。
  • K君 : 年金形式で生命保険金を受け取っている人は、税金が戻ってくるかもしれないと思って確認した方がいいということですね。
  • J爺 : そういうことじゃな。
  • K君 : でも、税金が戻ってくるかどうかは、どこに聞いたらわかるんでしょうかね。
  • J爺 : 加入している生命保険会社か所得税の申告をしとる税務署に聞いたらええと思うで。

(注) 国税庁のホームページに、年金形式で生命保険金を受け取っている人に対して、次の「お知らせ」が掲載されていますので、参考にしてください。

 遺族が年金形式で受け取る生命保険金に対する所得税の課税の取消しについて

 平成22年7月6日付最高裁判決において、年金の各支給額のうち相続税の課税対象となった部分については、所得税法9条1項15号(現行16号)二より所得税の課税対象とならないものというべきであると判示され、遺族が年金形式で受け取る生命保険金に対する所得税の課税が取り消されました。

 この問題について、7月7日(水)に野田財務大臣から、以下の方針が発表されています。

 「まず、今般の最高裁判決については謙虚に受け止めて、そして適正に対処していきたいというふうに思います。
 そのうえで、これまでのいわゆる解釈を変更することになりますが、そういう変更をして、そして過去5年分の所得税については更正の請求を出していただいたうえで、それを経て減額の更正をするという形の対処をしていきたいというふうに思います。誠意を持って対応していきたいと思います。

 問題は5年を超える部分でございます。5年を超える部分の納税の救済については、これは制度上の対応が必要になると思います。法的な措置が必要なのか、政令改正で済むのか、これはよく子細に検討させていただきたいと思いますけれども、関係者の皆様にご迷惑をかけないように、これも対応をしていきたいと思います。

 さらにこれ以外の、生保年金以外に相続をした金融商品で、今回の判決を踏まえて対応しなければいけない、改善しなければいけないものもあるかもしれません。それについては、改善すべきは改善をしていくということで、具体的には政府税調の中で議論をして来年度の税制改正で対応するということも視野に入れていきたいと思います。」

 国税庁においては、上記の方針を踏まえ、これまでの法令解釈を変更し、これにより所得税額が納めすぎとなっている方の過去5年分の所得税については、更正の請求を経て、減額更正を行い、お返しすることとなります。現在、判決に基づき、課税の対象とならない部分の算定方法などの検討を進めていますので、具体的な対応方法については、対応方法が確定しだい、国税庁ホームページや税務署の窓口などにおいて、適切に広報・周知を図っていくこととしています。

 また、過去5年分を超える納税分については、上記の方針に基づいた対応策が決まりしだい、適切に対処します。
この件についてのお問い合わせは、各国税局個人課税課までご連絡ください。

広島国税局(代表) 〒730-8521 広島市中区上八丁堀 6-30 電話番号082-221-9211

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional