広島県廿日市市の税理士です。税務調査、法人税、消費税、相続税、相続対策・事業承継、節税対策、保険の活用

レシートへのこだわり

 レシートへのこだわり


 コンビニでの買い物

 コンビニで買い物をしたときのことですが、ほとんどの店がレシートを渡してくれません。コンビニは、レシートを必要としないお客さんの利用が多いからかもしれません。

 不要なレシートを入れるための小さな箱をレジ横に置いている店もありますが、お客ではなく店員がその小箱にレシートを入れているのを見ると思わず笑ってしまいます。

 残念なことに、お客はレシートを必要としないものだと決めつけられているようです。せめて、「レシートはご入用でしょうか。」とでも聞いてほしいのですが。

 ちょっとした抵抗

 レシートを渡してくれないときは、少し抵抗してみたくなります。レジの前で黙ってそのまま待つか、店員に手を差し出してみます。

 子供じみた行為であることはよくわかっているのですが、少々意地悪をしてみたくなるのが悪い癖です。

 勘のいい店員なら即座にレシートを渡してくれるのですが、そうでない店員もいます。あっという間に私のレシートがゴミ箱行きになることもあります。

 「あ!」などと叫んでみるのも面白いものです。―(もちろん小さな声で)―

 店員は何のことかわからず、私の顔をふしぎそうに見るのですが、私とレシートの関係については、私が「レシートをください」と言うまで気がついてくれません。


 経費にするためではありません

 このようなことを書くと、「経費にするためにレシートをもらっているのではないか。」と疑われるかもしれませんが、決してそんなことはありません。ゴミをもらっているだけです。

 何日かするとそのレシートは我が家のゴミになります。自分でも「何をしているのだろう?」と思います。

 進化したレジ

 レジの機械はとても良くなりました。商品名、金額、消費税、日時、店舗名、担当者など、いつ何を買ったかが一目でわかります。

 レジにバーコードを読み込ませると、スーっとお客さん用のレシートが出てきます。

 レジ内には、お客さんに打ち出したレシートと同じ情報がロール状態で入っています。これは、売上などを管理するために必要で、1日の売上金額、客数、平均単価などの情報も記録されています。

 レシートの縁が赤いものをもらったことはありませんか。これは、ロールがあとわずかですよ!というサインで、店員は赤いレシートが出てきたら新しいロールと交換します。

 レジを調査する税務職員

 小売業や飲食業の税務調査では、レシートの調査は避けて通れません。

 レシートの約束事や操作方法、朝何時にレジを起動し何時に集計処理をしたか、レジ打ちの状況に異常はないかなど、たくさんのチェックポイントがあります。

 税務署の調査官は、大量のレシート(ロール)を穴があくほど調査します。

 小売業や飲食業以外では、理美容やサービス業の一部などでもレジで売上を管理しています。

 ある経営者が、仕事が終わったあとで、毎日毎日、その日のレジを全部打ち直していました。もちろん、売上をごまかすためです。

 大変な努力と感心しましたが、追加の税金はしっかり払ってもらいました。

 売上をごまかす時は楽しいのだそうです。「いくら溜まったか、いつも計算しとったよ。」と白状した経営者もおられました。

 しかし、税務署に見つかれば大変なことになります。ごまかした売上と同じぐらいを税金で持っていかれることもあります。

 「今度こそ見つからん自信があったが、3度目もまた見つかった。今度こそ懲りた、もうやらん。」と私に誓われた経営者もおられましたが、その後はどうだったでしょう。

 レシートは領収証

 レシートは大切なものです。お客が、そのレシートを必要としているかしていないかは、レシートを渡すこととは別次元の問題です。

 何故って?

 レシートは「領収証」だからです。お客がレシート(領収証)を捨てるのは勝手ですが、店員がお客にレシートを渡さないのは、領収書を渡さないのと同じだと思うのですが。

  レシートには印紙税が課税されます

        (売上代金の受取書の場合)

金 額印紙税
3万円未満非課税
3万円以上 100万円以下200円

       ※ 100万円超は省略しています。
       ※ 平成21年7月現在の法令によっています。 

 レシートを保存する

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional