広島県廿日市市の税理士です。税務調査、法人税、消費税、相続税、相続対策・事業承継、節税対策、保険の活用

レシートは領収証

 レシートは領収証

 帳簿書類の保存は7年間(法人税の場合)

  •  取引を記帳した「帳簿」を備え付ける。
  •  帳簿を7年間保存する。
  •  「書類」(取引等に関して作成又は受領した書類)を、7年間保存する。
       (注)確定申告書の提出期限から7年間です。
    •  「帳簿」とは、総勘定元帳、仕訳帳、現金出納帳、売掛金元帳、買掛金元帳、固定資産台帳、売上帳、仕入帳などです。
    •  「書類」とは、棚卸表、貸借対照表、損益計算書、注文書、契約書、領収書などです。

 レシートを保存する意味

  •  レシートをもらっているのに、お店の人に領収証を発行してもらっている人がいます。
  •  これは、領収証を領収証に書き換えているようなものです。何故って?それは、レシートが立派な領収証だから。

  もう一つ問題があります。

  •  税務職員は、「個人的なものを会社の経費にしているのではないか。」と考えます。
  •  レシートには、商品名、点数、時間、販売担当者(売場)など多くの情報がありますが、書き換えた領収書には金額の情報しかないからです。
レシートを保存すること=帳簿の信憑性を高めること

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional