広島県廿日市市の税理士です。税務調査、法人税、消費税、相続税、相続対策・事業承継、節税対策、保険の活用

公的年金400万円以下の申告不要制度

公的年金400万円以下の申告不要制度


【平成23年 確定申告の手引より】

  • K君 : 年金が400万円以下なら申告をしなくてもいいと聞いたのですが、本当ですか。
  • J爺 : 本当じゃ。ただし、公的年金以外の所得が20万円以下でなきゃあいけんがのう。
  • K君 : 本当なんですね。
  • J爺 : 高齢者が確定申告をするのは大変じゃけえ、申告せんでもええというのは助かるよ。
  • K君 : ちょっと待ってください。変ですね。
  • J爺 : 何が変なんじゃ。
  • K君 : 何がって・・、サラリーマンは申告をしなくてもいいですよね。それなのに、年金は申告しなければいけないんですか。
  • J爺 : サラリーマンは「年末調整」があって、その年末調整で税金の清算ができるんじゃ。
  • K君 : なるほど、年末調整をされているから申告をしなくてもいいということなんですね。
  • J爺 : いやいや、年末調整はできとらんのじゃが、細かいことは言わずに、わずかな税金を清算せんでもええと割り切ったんじゃ。--K君 : 年金にはが、年金受給者には「年末調整」がないんじゃ。年金が少額の人は確定申告をせんでもええが、170万円程度以上の年金がある人は仕方なく確定申告で税金の清算をしておったんじゃ。
  • K君 : ということは、確定申告すれば税金を支払わなければいけない人も確定申告しなくてもいいということですか。・・・それなら、支払わなければいけなかった税金はどうするんですか。
  • J爺 : 確定申告しなくてもええということは、税金を支払わんでもええということよ。
  • K君 : ああ、そういうことですか、それは儲かりますね。でも、ちょっと待ってくださいよ。税金を支払わなければいけなかった人はいいですが、税金が戻ってくる(還付)人は税金を戻してもらえないことになるのですか。
  • J爺 : 医療費の支払がたくさんあった人などは税金が還付になる。そのような人が確定申告をするのは構わんのじゃ。年金が400万円以下でその他の所得が20万円以下の人については、確定申告するかしないかを選択することができるということじゃ。
  • K君 : 税金が還付される人が申告をしなくても構わないということですか。
  • J爺 : そういうことじゃ。

<参考資料>年金には一定の非課税枠(70万円又は120万円)があります。

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional